確認すべきポイント

集合住宅

非常に安定した家賃収入を得られる一括借り上げは、多くの不動産投資家から支持を集めています。一括借り上げを利用する際には、免責期間、解約条項、条件変更、原状回復と修繕費用の負担の4つの項目を比較することが重要です。

もっと読む

自宅を賃貸に出す

案内

リロケーションとは、自己所有の住宅をある一定期間他人に賃貸に出すことです。その間は、賃貸料が入ってきますが、一方で室内清掃費、リフォーム費用、リロケーション会社への手数料といった支出が発生しますので、そのバランスを考える必要があります。

もっと読む

自然災害に対応する

集合住宅

不動産経営をする際は、自然災害の事をしっかりと考えるようにしましょう。保険に入る事も重要になりますが、自分ぼできる範囲で工夫をする事も重要になります。柵などを設置する事によって自分が安心するだけではなく、入居者の方に安心をして貰う事もできます。

もっと読む

最大のリスクの回避は分析

アパート

闇雲な対策は損を招く

不動産投資にとって最大のリスクは空室リスクです。空室を避けることばかりを考えて不動産会社や管理会社にすすめられるがままに高雅な費用をかけてリフォームを行ったり、賃料を大幅に下げるなどの対策は不動産投資の意味合いがなくなってしまうことにもつながります。空室であることの要因を分析したうえで、正しい空室対策を施すことが大事なのです。日本では人口の減少などにより不動産は供給過剰の状態になっています。そのため空室になるケースは一定の割合であります。しかしそれは全世帯に関する数値であり、細かく項目を絞り込むと需要がある部分のあります。例えば、単身世帯で大都市圏内の需要です。ファミリー向けは供給過剰であっても単身向けは需要がまだあるのです。

空室の分析を行う

それでも空室になるようであれば、相場より家賃が高いこと、設備の充実度が低い、管理不足、築年数の劣化問題、入居者募集活動が少ないなどの要因を考える必要があります。空室対策ではどの要因で入居者がいないのかが分析しにくいのが特徴です。そのため、第三者の視点で客観的に物件を分析することが空室対策の第一歩になるのです。もちろんこれらは独立しているわけではなく複合的に絡み合っているため、何が要因なのかひとつずつ解決していく必要があります。そのうえでリフォームが必要なのか、修繕が必要なのか、それとも家賃を引き下げる必要があるのかを総合的に判断したうえで、具体的な対策行動を起こすべきなのです。空室対策で重要なのは現状の分析なのです。